アニメ

TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」第2期決定への期待UP!(感想・まとめ)

イロ

TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」のご紹介です☆

81iDZogFsnL._AC_SL1280_.jpg
引用画像元:©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

最新情報

Twitter情報

TVアニメ第2期は?

2016年にTVアニメ化された「灰と幻想のグリムガル」ですが、第2期は制作されるのでしょうか?

現在、主力情報であるホームページ、Twitterなどでは、第2期制作の発表はありません。

アニメ化された当時、この作品の世界観、BGMなど高評価を受けていたのですが、同時期に放送されていた「この素晴らしい世界に祝福を!」が大注目された。ストーリーもグリムガルとは真逆の異世界にギャグを取り込んだ面白アニメで小学生から大人まで分かりやすいストレートな作風に押されてしまい、第2期放送に一歩及ばなかったのではないかと思われます。しかし、今、異世界アニメは注目されているジャンルであり、当時人気を博していた「この素晴らしい世界に祝福を!」や「Re:ゼロから始める異世界生活」もTVアニメ第2期を終えストーリーも原作最新刊に近づいてきています。グリムガルのTVアニメ制作は原作2巻までを描いたストーリーになっておりますのでまだまだ余力は十分残っています。さらにアニメ制作会社も注目される時期を見てキチンと戦略を考えて制作をしていますので、「第2期が無い」とは言い切れません!

制作会社様、ぜひ「灰と幻想のグリムガル」TVアニメ第2期制作をよろしくお願いいたします!

TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」とは

タイトル

『灰と幻想のグリムガル』(はいとげんそうのグリムガル)

作品ジャンル

異世界転生ファンタジー、アクション

原作者とは?

十文字 青(じゅうもんじ あお)
十文字青 (@jyumonji_ao) - Twitter

小説家/ライトノベル作家/北海道北斗市出身/元ストリートミュージシャン/速筆家

2003年『純潔ブルースプリング』で『第7回角川学園小説大賞』特別賞を受賞、2004年『薔薇のマリア』の原型が改訂され『薔薇のマリア I.夢追い女王は永久に眠れ』でデビュー。
自身の作品「灰と幻想のグリムガル」がオーバーラップ文庫により2013年から刊行。イラストは白井鋭利が担当。2016年1月より3月までテレビアニメ化され、シリーズ累計発行部数は2017年3月時点で、70万部を突破している。

あらすじ

STORY丨TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」公式サイト
引用画像元:©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

薄暗い森の中、わずか2体のゴブリンを相手に苦戦を強いられている6人の少年少女がいた。盗賊のハルヒロ、暗黒騎士のランタ、神官のマナト、戦士のモグゾー、狩人のユメ、魔法使いのシホル。彼らには、ほんの数日前、暗闇の中で目覚めてからの記憶しかない。自分たちが、どうしてこの世界――『グリムガル』にいるのか、わけもわからないまま、彼らは見習い義勇兵として歩み始めた。ここで生きるために――。

イントロダクション

灰と幻想のグリムガル』美術ボードが解禁! | PASH! PLUS
引用画像元:©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

生きるって、簡単じゃない。 目が覚めると、ハルヒロは暗闇の中にいた。 ここがどこなのか、なぜここにいるのか、そしてどこから来たのかもわからないまま。 周りには自分と同じ境遇らしき数名の男女。 彼らとともに暗闇から踏み出した先には見たことのない世界、 「グリムガル」が広がっていた……。 記憶も、お金も、特別な力も――、何もない僕たちが手に入れた現実。

配信情報

放送シーズン「2016年冬アニメ」

◆2016年1月~3月(全13話)

キャラクター/キャスト(声優)

キャラクター名特 徴声 優
ハルヒロ主人公。class:盗賊
パーティの現リーダー。いつも眠そうな目をしている平凡な容姿の少年。
細谷佳正
ランタclass:暗黒騎士
パーティメンバーの1人。口と性格が悪く空気も読めないお調子者。ゾディアッくんを召喚する。
吉野裕行
マナトclass:神官
パーティのまとめ役。爽やかな青年で、仲間のことを大切にしていた。
島﨑信長
モグゾーclass:戦士
パーティメンバーの1人。温厚な性格だが、ハルヒロ曰く怒らせると怖い。
落合福嗣
ユメclass:狩人
パーティメンバーの1人。天真爛漫な性格で誰とでも仲良くなれる癒し系。
小松未可子
シホルclass:魔法使い
パーティメンバーの1人。小柄で可愛らしい容姿の女の子。
照井春佳
メリイclass:神官
ヒロイン。見目麗しい完璧な美貌の持ち主。クールな性格で冷たい視線をしている。
安済知佳
クザクclass:聖騎士
パーティメンバーの1人。190cmを超える長身だが、姿勢が悪いためにヒョロヒョロして見える青年。
鈴木達央

コメント(メインキャスト)

【質問内容】

①キャラクターを演じられての感想、作品の見どころをお聞かせください。

②これからご覧になる方へメッセージ

細谷佳正さん(ハルヒロ役)

ハルヒロ

①(コメント時点ではまだ第一話のみしか収録していないので、)沢山の言葉が浮かんで来るわけではないのですが、王道的なファンタジーではなく、ある日突然、グリムガルという世界に放り込まれた普通の人間が、設定のないサバイバル生活をしていくのが、とても面白いなと思いました。攻撃をすれば相手は傷つき、空腹が過ぎれば飢え死に、闘いに負ければ報酬はなく、命のやり取りに負ければ未来はない。生きる為に必死にならざるを得ないグリムガルの世界で、何とか生きていこうとする「現代の」若者達のお話です。日常で、自分の意思で動いていたつもりがいつの間にか受け身になり、周りの物事に追われ始め、流れに身を任せながら「何となく」生きてしまう瞬間が、おそらく誰にでもあると思います。この作品は、普通の現代の若者達を普通ではない世界に置く事で、生きるとはどういう事かを問いかけていくような作品だと思いました。

②「このグリムガルの世界に呼びこまれたのがもしも自分だったら、どうなるのだろう?」そんな事をぼんやりと想像ながらご覧いただけたら、より楽しめるのかもしれないなと、一話のアフレコを終えて思いました。これから話数が進むにつれて様々な展開が起こりますので、ご期待のほどよろしくお願いいたします! 僕も物語の中で、ハルヒロとして一生懸命生きていこうと思います。

吉野裕行さん(ランタ役)

ランタ

①ランタはトラブルメーカーな予感もしますが。。。物語のいいスパイスになるといいなぁと思います。

②作品の持つ温もりと、その世界の現実のシビアな部分、全部ひっくるめて楽しんでいただけたら嬉しいです。

島﨑信長さん(マナト役)

マナト

①原作小説とアニメの両方にいえることなのですが、“グリムガル”の世界観といいますか、空気感・雰囲気がとっても素敵で、すぐに作品の世界に引き込まれてしまいました。キャラクターたちは“グリムガル”の世界で、生き抜くために必死に足掻いていきます。決して英雄譚ではない、その世界で懸命に生きようとする等身大の姿がこの作品の見どころだと思います。収録でも、キャラクターたちがその世界に生きているんだということが感じられて、とっても心が踊りました。僕が演じるマナトはみんなのリーダーであり、まとめ役で、気遣いができて行動力もある、とっても頼りになる男です。そんな一見完璧に見える彼が、迷って悩んで、考えて感じて、生き抜こうと足掻いていく姿を、全力で演じきりたいと思いました。

②原作ファンの皆様にも、アニメから見始める皆様にも、“グリムガル”の世界を、キャラクターたちを大好きになってもらえるような作品にするために、全力を尽くします。彼らの生き様を、どうか最後まで見守ってあげてください。

落合福嗣さん(モグゾー役)

モグゾー

①モグゾーを演じてまず思ったのは彼の大きさです。モグゾーは体が大きくて力持ち。おっとりしていて口数もあまり多くはないですがパーティのメンバーを大きな壁となって守る大切なキャラクターだと思います。また料理が上手なので、作るのも食べるのも大好きな僕にとってすごく親近感のわくキャラクターです。グリムガルという地に降り立ち、これからどんな試練や冒険が待っているのかと今からとてもわくわくしています。

②この作品は舞台がファンタジーな世界でありながらすごく現実的な所がいくつもある作品だと思います。なのでこの作品を通して「あーこれ分かる!」と共感できる部分を探してみるとより一層楽しめると思います。また、モグゾーはこのグリムガルという世界に来たばかりでレベルでいう「1」の段階です。そうしたところは僕とすごく重なる所があってモグゾーと一緒にこれから成長していけたらいいなと思っているので、皆様よろしくお願いします。

小松未可子さん(ユメ役)

ユメ

①ユメちゃんは、ほんわか天然気味で関西弁風な言葉遣いをする女の子なので、あくまで関西弁ではないところを初回のアフレコでは気をつけました。ファンタジーの中に存在するリアル、というところがこの作品のテーマの一つですが、今までに無かった視点からの考察に驚きが多く、とても惹き付けられました。

②当たり前のように遊んでいたゲームの中の世界がこんなにシビアだったとは……! そんなファンタジーの世界へようこそ。どんな幻想の物語が繰り広げられるのか、楽しみにしていてください。

照井春佳さん(シホル役)

シホル

①美しい映像と音楽の中で描かれるハルヒロたちの生々しい生き様……第一話のアフレコで、気付いたらこの世界の中に入り込んでしまっていたような感覚になりました。繊細に紡がれる世界観の中で、シホルはとても繊細な感情を抱えています。動作や表情のひとつひとつから彼女なりの意思が伝わってくるので、私は等身大のシホルの声を届けられるよう想いを込めました。

②見てくださった方の心の中にするっと入り込むような作品です。
美しくて、笑えるところもあって、でもそれだけじゃない。簡単なはずのことが簡単じゃない。「生きる」ということを改めて考えさせられました。キャラクターひとりひとりの呼吸を傍で感じていただけると思います。原作ファンの方も、アニメではじめて見てくださる方も、グリムガルでしか味わえない独特の感覚をこれから一緒に感じていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

安済知佳さん(メリイ役)

メリイ

①オーディションの時から、会話の生々しさだったり空気感を大事にしている作品だと感じました。実際にアフレコ現場で見聞きするキャストの皆様の会話や空気、そして監督が語ってくださる世界観とディレクションが面白く、それが形になったOAでも、この作品ならではの魅力を楽しませて貰いました。ですがメリイは、一切会話をしない女性でした。会話しているように見えて実は誰とも会話していない台詞ばかりで、個人的には寂しかったのですが、それにはメリイとしては理由がしっかりあるので、まっとうするのが楽しくもありました。これからも、展開はもちろん、台詞の生々しさと繊細で柔らかい絵のギャップを楽しみながら、物語の結末を見届けて欲しいです!

②メリイ役の安済知佳です。マナトを失ってパーティーにも心にも穴が空いたハルヒロ達ですが、そこにメリイがどう絡んでくるのか、それによって物語がどんな展開をみせるのか。会話、音楽、絵、演出全てで、じっくりと楽しんでいただければ嬉しいです。わたしもグリムガルにメリイとして生きること、そして視聴者の皆様とこの物語を最後まで見届けるのを楽しみにしています! よろしくお願いします!

制作スタッフ

担 当名 前
原 作十文字青
原作イラスト白井鋭利
監督・音響監督中村亮介
助監督柴山智隆
キャラクターデザイン・イラスト細居美恵子
アクション作画監督浅賀和行
美術監督・美術デザイン金子英俊
色彩設計茂木孝浩
横田明日香(第6話 - )
撮影監督五十嵐慎一
3D監督菅友彦
編 集肥田文
音 楽(K)NoW_NAME:R・O・N
音楽制作東宝、VERYGOO
音楽プロデューサー三上政高
プロデューサー齋藤雅哉、原田直樹、佐藤成俊
アニメーションプロデューサー大松裕
制 作 A-1 Pictures
製 作灰と幻想のグリムガル製作委員会

主題歌(OP/ED/挿入歌)

OP(オープニングテーマ)

◆「Knew day」歌:(K)NoW_NAME:Ayaka Tachibana(第2話 - 第4話、第6話 - 第11話)

ED(エンディングテーマ)

◆「Harvest」歌:(K)NoW_NAME:NIKIIE (第2話 - 第11話)

◆「Cultivate」歌:(K)NoW_NAME:NIKIIE (第12話)

挿入歌

「Head Wind」歌 : (K)NoW_NAME:AIJ  (第1話)
「Brave Storm」歌:(K)NoW_NAME:AIJ  (第2話)
「seeds」歌:(K)NoW_NAME:NIKIIE (第2話)
「Stand on the Ground」歌:(K)NoW_NAME:Ayaka Tachibana (第3話)
「rainy tone」歌:(K)NoW_NAME:NIKIIE (第4話)
「Nutrient」歌:(K)NoW_NAME:Ayaka Tachibana (第7話)
「Growing」歌:(K)NoW_NAME:Ayaka Tachibana (第8話)
「sun will rise」歌:(K)NoW_NAME:NIKIIE (第9話)
「Swelling of Buds」歌: (K)NoW_NAME:AIJ (第9話)
「Sudden Storm」歌:(K)NoW_NAME:AIJ  (第11話)

おすすめコスプレイヤーさん

コスプレカラコン通販

包子Manjiuさん

黒子きき さん

てら さん

コスプレ初心者でも安心!被るだけ!セット済みキャラクターウィッグ専門店【コスペディアウィッグ】

関連動画

感想・まとめ(ネタバレあり)

「生きるって、簡単じゃない」

主人公ハルヒロが目を覚ますと、そこは暗闇の中。

名前以外は思い出すことが出来ず、そこには同じ境遇の12人がいた。外に出ると赤い月があたりを照らしている地「グリムガル」だった。

そこは、人類が魔物と戦わなければならない宿命を与えられた大地。そして、主人公ハルヒロ達はこの世界で生きていくために選択を迫られる。それは義勇兵となってその戦いに身を投じるか、街で細々と生きるかの選択だった。

初めに登場する魔物は「ゴブリン」その魔物は人間のように戦い、暮らし、痛みを感じ、血を流し、自分たちと何一つ変わらない生き物だった。しかし共存することはなく、ハルヒロ達のメンバーの一人マナトががゴブリンによって致命傷を負わされ、死亡してしまう。自分たちの弱さに気付かされ、強くならなければならないと修行に励むハルヒロ達だったが、苦難の連続であった。しかし、ゴブリンの生態を知り、戦術をしり徐々にレベルを上げていく。メンバーの性格や技を知り、マナトの死を無駄にしてはいけないと、果敢にゴブリン達に向かっていく。

この作品の見どころ!

◆異世界転生ファンタジー

◆個性派キャラクター

◆成長していく過程が面白い

◆様々なゴブリンが登場

◆手に汗握る戦闘シーン

ぜひご覧になって頂けると嬉しいです☆

アニメ観るなら<U-NEXT>

関連リンク

TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」公式サイト

TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』 (@grimgar_anime) - Twitter

権利表記

©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

-アニメ
-, ,

© 2021 イロの2次元化計画 Powered by AFFINGER5